マニフェストの導入

引用:公益社団法人 全国産業廃棄物連合会
引用:公益社団法人 全国産業廃棄物連合会

産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは、廃棄物の処理が適正に実施されたかどうか確認するために作成する書類です。
排出事業者には、マニフェストを作成して「委託した産業廃棄物が適正に処理されたか否か」を確認する義務が課せられています。不法投棄などを防止するために1997年、廃棄物処理法の改正によって産業廃棄物のマニフェスト制度が義務付けられ1998年の12月より施工されています。

排出事業者の交付するマニフェストには、誰がどのような産業廃棄物をどのように取り扱うかということが記載されています。

処理業者は、このマニフェストに対して委託された業務を何時完了したかという情報を記載して返送することになっています。マニフェストの様式は、廃棄物処理法施行規則第8条にて定められています。