ビル解体

テナントビルやマンションなどの低層~高層ビルの解体工事の流れ

施工前

解体工事対象物を確認し、作業手順を計画します。作業時に障害となる物は撤去し、残置とする物は移設、もしくは養生を行い保護します。アスベスト含有の可能性のある場合は採取、分析などの事前調査を行います。

足場養生・重機揚重

対象物の外周を仮設足場、防音パネルなどで養生を行い、粉塵や騒音、解体材の飛来落下などへの防止対策を行います。解体に使用する重機は、ラフターを使用して揚重します。周囲の電線などに十分注意し、慎重に作業を行います。

先行内装解体

建具や内部造作、石膏ボードなどを手作業により解体、撤去していきます。解体材は分別して搬出します。

上屋解体

建物本体を重機により解体していきます。

作業時には粉塵などが飛散しやすいため、水をまきながら作業を行います。

基礎解体

建物の基礎を重機を使い撤去していきます。

地中にコンクリートや廃材などが残っていないか確認しながら作業を行います。

施工完了

基礎撤去後の地面を重機のバケットなどを使って平らにならして整地し、工事完了とします。